三月です。

三月を迎えて毎年思うのですが、お正月からの時の流れの速いこと。

今年は冬季オリンピックがあって余計早く感じたのかも知れません。メダリストたちの活躍がいまだにテレビ、新聞で報道され余韻が残ります。

アスリートたちの不断の努力を聞く度に、“天才は1%の直観力と99%の努力” という言葉を思い出します。 と同時に、そんな努力を強いられてまでも身につけたいと頑張るものに幼い頃に出会った、これも才能の一つなのかと感じます。

スポーツや音楽、文学や研究者などいろんな分野で活躍している人たちは、ほとんどが幼いころ始めて続けてきたと言う。 きっかけは親だったり友人だったりしても、それを大好きになって練習を続ける気持ちは、自分の感性だし心意気です。 幼い子どもの気持ちを大切に見守り育てる大きな役割があるのですね、私たち大人には。

風雪きつい三月の始まりですが、もう少し我慢すれば雪も解け、新緑眩しい花一杯の春がやってきます。「春よ来い、はーやく来い」とつい口ずさみたくなる今日です。

 

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。