チューリップやクロッカスの芽が。

あんなに積もっていた雪が嘘のように解けて地面のあちこちに草花の芽が出てきました。

今日は16度になると朝の天気予報が報じていたけど、新琴似はけっこう風があり、おまけに曇りで肌寒いです。 でも雪解けた庭の地面にはヒヤシンスや水仙、クロッカスやチューリップなどが元気に芽吹いてきました。 なんと逞しいこと。

北国にもやっと春がきて、先日、数ヶ月振りにアスファルトの上をスニーカーで歩いたら、その軽やかなこと。 すいすいマイペースで歩くことができる幸せ、嬉しい限りです。 凍った道が恐ろしくて引きこもりがちだった冬とおさらばして、またウォーキングも再開して免疫力アップを目指します。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。