排雪作業

今日は朝からわが町内の排雪がおこなわれました。 9時前から大型ショベルカーなどの専用重機が数機来て家の前や横の道を往復。 積雪が凍り2-30cmくらい盛り上がった道路や歩道沿いにできた雪山などを崩し、その掘り起こした雪塊をトラックで郊外の雪捨て場へ運ぶという作業です。

凍った道をズズズーと鋭い機械の先端が割り起こしていく様は実に痛快で、アイスクリームの表面をスプーンでズズズーとすくっていく感じと少し似てるかも。

それにしても重機を操る人たちの腕前には脱帽です。 電柱すれすれの作業も何なくクリアー、高く積もっている雪はガツンと上から一撃を加えてから崩します。 掘り起こされた雪塊は、これまた専用重機で粉砕され、並走して待つ大型トラックの荷台へ吹き込まれる。 十数台のトラックも混乱しないように番号がつけられ、スムーズに順番待ちをしています。

北国の過酷な雪との戦いの中、長い年月をかけ改良され続けたきただろうこれらの人間の英知に今さらながら感服です。

雪が取り除かれて夏のように広くなった道路はすっきり、喜んでるように見えます。  作業してくださったみなさん、おつかれさまでした。 心から感謝申し上げます。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。