ふにゃふにゃになった日本人

数年前にタイトルに魅せられて読んだ本です。 久しぶりにその内容の一部を読み、改めていいこと書いてる!と思ったので紹介します。

「生き方を教わらずに、しつけを受けずに育って、あとで苦しむのは当の子どもたちである。 大人よ、親よ、若い世代が気持ちよく生きられるように、真剣に彼らを育てようではないか」と。

1936年生まれのマーク寿子氏の著書ですが、この年代の女性のきっぱり小気味よい意見は、いつも私をすっきりさせてくれ嬉しくなります。


カテゴリー: ぽつぽつ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。