霜月、11月

Walkingしている屯田防風林のななかまど、白樺、かえで、銀杏たちの紅や黄色の装いも終盤になり、落ち葉がかさこそ積もっています。

明日からは雨や雪予報が出ており、気温も10度をきるようです。 大阪の実家から我が家の庭へ移植した小菊はまだつぼみのままなのに。

関西の11月はあちこちで菊花展がひらかれ、紅葉まっさかりでびわ湖畔や京都も見ごろを迎えます。 その昔、観光客で込み合う京都を訪れ、混雑にげんなりの当時高校生だった私でしたが、大原三千院の前の茶店でちょっと風情のあるお盆の上におかれた山かけそばと柴漬けが出されたとたん、元気がみなぎったのを覚えてます。 一口食べて、その美味さに益々嬉しくなり、いっそう紅葉も美しいと思った記憶があります。

母の味が忘れられないように、幼いころ、若い頃の想いはいくつになっても強く気持ちに残りますね。 紅葉を見るといまだに山かけそばと柴漬けが恋しくなりますもん。

さて 現実にもどり、 わが塾の中学生たちの11月は二学期末テストや学力テストCが実施される時期であり、過去問やワークなどの仕上げに取り組んでいます。 テストで得点するには自分をごまかさず覚えることは覚えきるに尽きます。 地味な努力は必ず結果に表れます。 やるかやらないかは本人しだい! 頑張って欲しいものです。


カテゴリー: ぽつぽつ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。