餅つき大会

昨日7日(土)に新琴似光陽児童会館で恒例の餅つき大会が実施されました。

町内会役員や民生委員、児童委員20人程のボランテイアが会館職員さんたちと協力して児童やその父母約100人が参加するイベントです。

大きな臼と杵、餅つき機が各2機づつ体育室に設置され、蒸したもち米をある程度の餅に仕上げ、途中で児童たちが順番に小さい杵でペッタン、ペッタン。 つきあがった餅は各自がテーブルの上で丸めて食べるのです。

あんこ、みたらし、雑煮用の汁が準備され、好みの味を楽しみます。 私は雑煮用のおつゆを作り、おわんに盛る係りをしたのですが、小学3年位の男子が「おいしいです!」と5回もおかわりしてくれました。 ある子は「何回もしつこく来てすみません」と笑顔。 

とっても可愛かったです。 児童たちみんなが「ありがとうございます」と礼儀正しくて、日本の将来はまだまだ大丈夫!と私は嬉しい気持ちになりました。 


カテゴリー: ぽつぽつ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。