防風林に鹿が来た。

十月二十七日午前中、いつものように屯田防風林の遊歩道を歩いていたところ、ウォーキング仲間から、鹿が入り込んでるらしいとの情報が。 二~三人が見かけたようだと。

その情報を得てから数十メートル歩いた所で、一人のご婦人が林の方へカメラを向けてしきりに撮影している。 近づいてその方向を見ると、なんと鹿が一頭いるではないか。 角が15cm程伸びて、背中までの高さが1m40cm位はあるだろう立派な体格の雄鹿である。

遊歩道から5~6mは離れている林の中。 白樺やななかまど、ポプラやいちょう等の木々を中心に桑の木や山ぶどう、あけび等 数十種類の植物が茂っている。 鹿の空腹を満たすには十分豊かな場所だと想像できる。

数人が立ち止まって、その鹿を見ているものの、鹿がこちらへ向かってくる気配はなく、時折私たちの方へ顔を向け、我々を眺めながら口をもぐもぐしている。 可愛いまん丸のおめめと私も目が合った。

でも一体どこからやってきたのか。 数ヶ月前、東区の住宅街にヒグマが迷いこみ、けが人が出たばかり。 目前の鹿が、突然見ている我々目がけて突進してきても不思議ではない、野生なんだから。 ただ餌を食べるのに夢中になっている動物は襲ってこないらしいと聞いたことがある。 この鹿も以前のヒグマのように自分のテリトリーを求めて、餌を求めて石狩川を渡って来たのだろうか。

散歩から帰宅したその日の昼と夕方のテレビニュースや翌朝の新聞で関連記事をさがすが何も報じられていない。 二十七日以降は天気が悪く、ウォーキングに行ってないので、私はその後の情報を知らない。

鹿被害がないのでニュースになっていないという理解で、あの鹿はきっと無事にどこかの山へ戻ったにちがいない。 心からそう願いたい。


カテゴリー: ぽつぽつ日記 パーマリンク

コメントは停止中です。