年の瀬に

26日から今年も冬期講習が始まった。 

この一年間の復習をするべく生徒たちが通ってくる。 午前、午後の3時間づつ、希望者は一日計6時間の学習時間を作ることができる。

当塾での時間が彼らの血となり肉となるよう、私たち講師の目も光る。

こんな年の瀬を数十年間繰り返してきて、確か高浜虚子作だと記憶する、

「去年今年 貫く棒の ごときなり」が浮かぶ。

歳末の賑わいを横目に学ぶ生徒たちの今と、棒のようにつながる新年がすばらしい年になることを祈ってやまない。

最後になりましたが、みなさま どうぞ良いお年をお迎えください!

 

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。