「なぁーんもだ」

遅れているバスを待っている人たちは皆、コートの襟を立てことば少なである。 連日のマイナス気温で道は凍り、空気がぴりぴり張りつめている。 ぱんと手を叩くと、凍った空気の壁にその音が反響しそうである。

そんな静けさを破るように「しばれるねぇ。 どこさ行く?」、「なぁーんもだ。 用足しだ。」と聞こえてきた。

そのことばに、大阪から札幌へ来てすぐの頃のある場面を思い出す。 頂き物のお礼の電話をかけたら、「なぁーんもだ」と。 次の句が出ず、『だ』という断定の語尾に当惑し、沈黙の私。

断定するのを避け、人との関係を微妙につなぎとめようとする関西弁とは全く違っていた。 大阪弁なら、さしずめ「なんでもあらへん。 わざわざ電話もろうて悪かったなぁ。 気に入ってもろたら、うれしんねんけど」と言うところだろう。 『ねん』が組み込まれるほど、『念』のこもったことばであり、かなりの語数である。

しかし、今、極寒の中で聞いた「なぁーんもだ」は、妙にしっくり耳になじんだ。

厳しい自然に対し、北国の人は冷静に黙々と従う。 それに逆らえない人としての素直さを感じる。 言葉の余韻など不必要なのかも知れない。 気候風土がその土地のことばを作っていくと改めて思う。

ひらひらと雪が落ちてくる空を見上げ、まだ来ぬバスに「なぁーんもだ」と、小さく呟いてみた。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。