涼しくなってきましたねぇ~。

「秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近こうなりたるに、からすの寝どころへ飛び急ぐさえあはれなり。 まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。 日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいうべきにあらず。」 

かの清少納言も、秋の夕暮れ、さらに暗闇に聞こえる虫の声に心を動かされていたのですね。千年も前の女性の感性が今なお同じく感じられる、なんだか不思議な気がしてきます。

一週間ほど前から我が庭でも 夜、虫の声が聞こえるようになり、日中の暑さはあるものの、秋は確かにすぐ傍へ。 北国の夏は冬へ冬へと本当に急ぎ足のような気がしてなりません。

昨日は課外教室で英語を教えている、幼稚園の二学期開始でした。 夏休み中に練習すればいいかなと思い、休み前に配った英語の練習プリント。 園児も含めたかなりの児童が「練習してきた」 と得意気に私たち講師へ見せにきました。 「学校の宿題プリントもあって、やるのが大変だったよ」 と笑顔で話す顔はとても素敵でした。

宿題として渡したプリントではないけれど、真面目に取り組んでくれた彼らのやる気とがんばりを大変嬉しく思いました。 

生徒のみなさんからもらう元気のお礼に私たち講師は、「あっそうか わかった!」のたくさんの笑顔に会えるよう丁寧な説明しなくちゃ と 気を引き締めています。

秋の夜長を味方に、ただ過ぎに過ぐる時間を有効に使うことを肝に銘じております。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。