Merry Christmas!

みなさんの家へサンタクロースはやって来ましたか?

今から100年ほど前のアメリカで、ある新聞社へ8歳の少女が「私の友だちの中にサンタクロースはいないという人たちがいます。 父親が新聞にサンタがいるという記事が載るなら、いると言います。 本当のことを教えてください、サンタクロースはいるのですか?」との投稿。 その社の論説委員により「そうです、サンタクロースはいるのです」との回答が社説に載せられ、このやりとりは大変よく知られることとなり、一世紀を越えた今も読み継がれているそうです。

長いのですが、一部要約して紹介します。 

「そうです、サンタクロースはいます。 彼は存在します。 目に見えないサンタクロースの存在を信じないのは、信ずる心、詩やロマンなどの空想の世界がなくなること。 楽しいことは、感じるものと見えるものだけになり、子どもたちの世界を満たす永遠の光が消えてしまうことになる。 

サンタの存在は、愛や寛大さや献身が確かに存在するのと同じで、目に見えないものを信じる心、これこそが本当で永遠なものである。

サンタクロースは永遠に生きて存在し、これから数千年、数万年後の子どもたちの心をも歓ばせ続けるのです。」


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。