七草粥

新年が明けて今日七日は、七草がゆの日です。

春の七草(若菜)をいれた粥(かゆ)。 これを食べると万病を防ぐと言われています。

さて みなさんは「春の七草」を言えますか? 「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ これぞ春の七草」 作者不詳のこの短歌は今も語り継がれています。 因みに、すずなはカブラ、すずしろは大根です。

一面銀世界の札幌で、この時期に春の七草と言われても道端や畑の緑を愛でることはかないませんが仕方ないですね。 雪解けて新芽が顔を出す頃、あちこちで見かける草たちなのに。  

お正月のごちそうを食べすぎた胃腸に七草粥を食べて、ことしも健康でありたいものです。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。