春が来た。

この数日10℃越えの好天が続き、積雪の山はどんどん小さくなっています。 北国へも、ようやく「春が来た」 ようです。

出窓に置いたガジュマルの鉢植えの枝先が芽吹いて、もえぎ色のかわいい若葉でいっぱい。 伸びようとする小さな葉っぱたちの力強さが、私をうきうき気分にさせてくれます。

先日、塾生の小学3年生のМちゃんと、『作文ごっこ』をしました。

彼女と私が交互に一文づつ作り、作文を完成させるのです。 最初、「思いつくままでいいよ」と私がいくら言っても、ことばを選び過ぎるようでもじもじしするばかりの彼女。 私がユーモアたっぷりの単語をどんどん続けるのに安心したように、後半はケラケラ笑いながら自由自在に自分のことばを並べ始めました。 最後には「もう一回やろう」と。

作文嫌いのМちゃんが作文大好き、国語大好きになる「さいしょの だい 一歩」のときでした。

授業の終わりに浮かべた彼女の笑顔は、日差しへ向かい伸びる若葉のような無邪気なエネルギーに満ちて可愛かったのを思い出す。 

4月を前に、今年はどんな園児、児童、生徒たちと会えるのかと胸の膨らむ今日この頃です。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。