春ですね~。

気温16度Cとか、この時期としては高くて124年振りらしいですよ。 この調子なら桜の開花も早まるかもですね。 こんなに桜を待ち望む日本人の習性は一体いつから始まったのやら。

昨日から我が藤原学院の春期講習が始まってます。 小、中学生が朝9時から来て賑やかなこと。 いつもは学校から帰宅後の塾なので、朝から会うのは新鮮かつ驚き(笑)です。

今朝小学5年の男子児童の髪が逆立っており、「髪とかしてきた?」 と思わず聞く私へ、「いや」と平然と返事をくれました。 朝ごはんは食べたけど、顔も洗ってないそうな(笑)。

さすがに中学生は寝癖のついた髪のまま来る生徒はいないですが。 この男子児童もあと数年したら、鏡の前から離れない年頃になるのだろうけど・・。 男子ってのは測り知れないです。 

どの生徒さんたちも遅刻せず通ってきて、一年間の復習をするべく学ぶ姿は立派です。 この地味な努力こそが大切で、基礎力が培われ更なる可能性や創造力へと発展していくのです。 教える私たちも真面目な生徒たちに出会えた幸せをかみしめつつ、指導者としての責任を再認識しております。

今日の陽気に誘われて庭の黄色いパンジーが更に一輪花をつけました。 太陽を浴びたその姿はかわいらしく、近くに芽吹いている紫のクロッカスやわすれな草の蕾もほころんでいます。 やっぱり春は嬉しいですね。

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。