四月、卯月、エイプリル

エイプリルフールの今日一日は太陽一杯の好天に恵まれ、庭のクロッカスやチユーリップ、ヒヤシンスたちがそのぬくもりに一層ふっくらしてきました。 先日家の裏庭でフキノトウを見つけ、早速天ぷらにして、ほろ苦い早春を味わったところです。 三つ葉の小さな芽もたくさん顔を出しています。

塾の春期講習も終盤を迎え、期間中に小学生たちの国語で、夏目漱石の「坊ちゃん」と清少納言の「春はあけぼの」の冒頭部分を暗唱しました。 彼等の記憶力は素晴らしく、全員が大きな声で上手に言うことができました。 各場面の情景を想像するよう私は助言したのですが。

この暗唱を通して、生徒たちが朝起きたとき窓外の手稲山の空に紫色の雲が細くたなびいている景色と出会って欲しいなぁ と余計な想像をしている私です(笑)。 国語でも英語でも文章のリズムを身につけるのは大切で、小気味良い躍動感を体得してくれるのは嬉しい限りです。 

今、本州では桜が満開のようです。 春は桜ですが、私は菜の花が好きで、春になるといつも浮かぶ俳句に「菜の花や月は東に日は西に」与謝蕪村があります。 その昔、親と一緒に遊びにでかけた車窓からの菜の花畑やれんげ畑は未だに私の記憶にはっきり残っています。

菜の花畑が満開になるのは北海道では6月ごろでしょうか。 いつか時間を見つけて出かけてみたいものです。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。