今年初20℃越えの札幌です。

今日は最高気温21.1℃まで上がったそうです。 春ですね~~。

庭のチューリップたちの蕾が大きくふくらみ背も伸びて、存在感があるせいか100本位あるように見えます。 紫のパンジー、 ピンクと青紫のヒヤシンス、水仙、青いムスカリ、エンジ色のクリスマスローズなどが一斉に咲き始めました。 重い雪の下で越冬した球根や花たちがエネルギーを爆発させ春を喜んでいます。

健康の為、晴れた日は屯田防風林の散歩道を歩いていますが、その道端に赤紫のすみれが咲きはじめました。 すみれ や えぞえんごさく等数種類の野草の保護区でもあるので、広い地面がすみれ色のじゅうたんに覆われつつあります。 「すみれ」は花の形が大工道具の墨つぼに似てるところからの命名だと本で知り、大納得の私でした。

毎年すみれを見ると思い出すのが、「菫ほどの小さき人に生まれたし」と夏目漱石が詠んだ俳句です。 49歳で亡くなるまでに多くの作品を残した文豪のひっそりとした想いが好きです。

北海道は一年で最も快適な時期を迎え、桜の開花もすぐそこです。 身近な自然の息吹をしっかり心身に取り込んで、元気いっぱい笑顔でいたいと思います。

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。