今年初めて「セミの声」を聞きました。

先週の金曜10日の午後、友人Kさんと北広島クラッセホテルへ行きました。 

お天気が良くて木々の緑が眩しい中、なんと蝉が鳴いているではありませんか。 初めは気が付かなかったのですが、小高い丘全体に響き渡るこのBGMはひょっとしてセミ?!

友人に確認すると「蝦夷はるゼミ」だと。 彼女はゴルフをするので、聞き慣れてる様子で教えてくれました。 はるゼミは早い時期から鳴き始めるとは知っていたのですが、このところ低温続きの6月にまさか聞けるとはびっくりでした。

セミの鳴き声は私にとって郷愁であり、遠い夏の日の無邪気な思い出と重なります。

毎年札幌北区内でセミの声があまり聞かれないのが残念なのですが、今年は思いがけない幸運に感謝です。 大阪では33℃を越えるとセミが鳴き始めると言いますが、蝦夷地のセミは20℃前後で鳴きますね。 

先週よさこいソーラン祭りで地元新琴似天舞龍神が準大賞を獲得し、めでたいこと。 今日から北海道神宮祭ですが、お天気がいまいち。 はやく北海道らしい爽やかな夏になって欲しいものです。 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。