しなければならないこと。

小学生の二学期が始まりました。

夏休みの講習期間中、小中学校からの宿題を最優先に終わらせるよう指導し、ほとんどの生徒は順調に早々とかたづけておりました。 が、それを終えるだけで精一杯の生徒がいたのも事実です。 

この数年間小学生も課題プリント枚数が増えてるのは確かで、時間が足りないのです。 塾に来れば私たちにわからないことを質問できるからやりやすのでしょうが、塾でのがんばりは塾だけ。 次ぎに塾へ来たとき、宿題が全く進んでないことに唖然とした私です。 家庭での学習が全くできないのです。 小学生も高学年になれば家庭学習の時間を少なくても日々一時間はとらないと、新しく習うことを覚えられるはずありません。

しなければならない事は自分自身でしなければならないのです。

家庭で学習時間を上手くとれない原因の一つに生活の乱れがあります。 夜遅くまで起きているので朝寝坊し、疲れの残った身体をかかえ時間だけがただ過ぎていく。 そんなダレた日々の中、誰が勉強するでしょうか。 

休暇中特に陥りやすい日常生活の乱れは、周りの大人が調節してやって欲しいです。 

今週木曜から中学生も二学期が始まり表面上規則正しい生活に戻りますが、学校から帰宅後寝るまでの我が子の様子に目を向け、たわいない笑顔の会話をして欲しい。 小学生はもとより中学生もまだまだ子どもです。 しっかり見守ってやってください。

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。