わかったつもり

ある塾生が今回の期末テストの予想外の得点を見て「わかったつもりだったのに・・・」と、ふと洩らしました。

問題数の多さに心がざわついてしまったみたいで、わかったつもりだった英語のスペルや文章が正しく書けなかったという現実に直面したようです。 

文法を理解して教科書の訳ができるのは当たり前、そこから単語や文章を覚えるため繰り返し書いて、頭に叩き込む作業をしなければなりません。 自分が覚えたかどうかを確認しながら進めるのです。 学校に提出するため美しく書き写すだけの表面的な学習では力はつきません。

習ったことを自分の脳に焼き付けるための反復練習という地味な戦いに勝ってこそ、その努力が自信となり真の学力になるのです。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。