God be with you till we meet again   讃美歌405番

「神ともにいまして」という題で知られる讃美歌。 「また会う日まで、また会う日まで、神のまもり 汝が身を離れざれ」とくり返される。 日本では教会の葬儀のときによく歌われる。 送別の歌なのに長調なのが不思議だったが、悲しみの淵に沈む人を支えられるのは、信仰と希望と連帯だからだろう。 英語のGoodbyeはこのGod be with youが縮まったもので、God b’w’yとも書かれたという。

☆ 朝日新聞のコラム「折々のことば」で昨年12月25日に鷲田清一氏により紹介された文章です。 グッドバイが神のまもりがあなたにありますように の意味を含んでるのは興味深いですね。 ミッションスクール出身の私ですが、恥ずかしながら知りませんでした。  


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。