好奇心

「これ何? あれ何?」としょっちゅう質問してくる幼い我が子に苦戦した経験を親なら誰でもお持ちでしょう。 好奇心のかたまりである幼児が知らないことを吸収していく様子は驚異的です。

周りの大人たちが幼い子どもの知りたい欲求に上手く付き合って応えてやることは、その子の学びの原点になり、そうして育てられた子どもは就学してからの学校の授業が面白く、覚える努力も苦にならないようです。

「勉強するのが面倒くさい」と悪びれず言う小学生に出会うと、私は実にもったいない気分にさせられます。 幼い頃、何でも知りたいと思った素直な好奇心は一体どこへ行ったのやら。

学生に限らず、私たち大人も知らないことだらけの世の中。 生きて、生かされて死ぬまで学ぶ心を忘れないでいたいと私は思います。

 


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。