素直な子ほど伸びる

教える者にとって素直な子ほどすばらしい存在はない。 あれもこれも伝えたい、教えてやりたいと心が震える。 これまでの数十年間に出会ってきたたくさんの素直な心は私の財産であり感謝でもある。

小学校3-4年生まで英語の歌やチャントを難なくこなす高い能力を持つ児童に嬉しい驚きを感じることは多い。 そんな児童が小学5-6年になると英語はもとより国語や算数など反復練習が必要になった途端、その地味な作業から逃げる児童が近年増えている気がする。

新しいことを修得する喜びを素直に感じて欲しい。 覚える努力をして欲しい、その達成感を素直に感じて欲しい。

練習はそこそこで止めノートに漫画をかいたり色を塗ったりして気ままに遊ぶ児童がいる。 注意しても「覚えたから」と嘘ぶく態度は大人顔負け。 なんで覚えないのか・・今できる努力をしないのか。。そんな不埒な態度に出会う度、私は情けなくなる。 素直な心を育てるには と改めて考えさせられている。


カテゴリー: ぽつぽつ日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。